スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会の衰退を加速させる長男後継路線

痴呆状態にあると思われる池田名誉会長の最新の写真が聖教新聞に掲載された事によって、後継問題はますます現実味を帯びてきた。創価学会は次期後継者について何も発表していないが、週刊誌やネット上ではいくつかの説が取り沙汰されている。
その中でよく取り上げられているのが名誉会長の長男・池田博正副理事長の世襲後継である。当然の事だが、長男後継路線については、宗教指導者の座が世襲されるという事に対して世間から批判も起こっている。
ただ、創価学会の衰退を望む観点から見れば、長男後継路線には賛成である。
以前にも書いたが、名誉会長の長男は存在感が薄く、カリスマ性もない事から、トップに立つ指導者となれば組織の求心力が低下していくのは確実だ。しかもそれだけではない。離婚歴も宗教指導者にとって大きなマイナス要因となってしまうだろう。
筆者は近頃まで知らなかったのだが、名誉会長の長男は極秘離婚をしていたそうで、ネット検索をしていてたまたまその事実を知ったのだが、勿論、創価学会はその事実を隠しているし、新聞もテレビも一切報道しない(新聞もテレビ局も創価学会に支配されているから、創価学会ネタはタブーになっている)。写真週刊誌『FLASH』が報道していたそうだが、筆者は見てないので全く知らなかった。一般の学会員も知らない者が多く、筆者の実家に聞いてもやはり知らなかったようで、離婚していたと知って驚いていた。
ネットの情報を見ると、2008年の初め頃には離婚していたようだが、いずれにしろ、宗教指導者に取って離婚の事実は致命的だ。特に「一家和楽の信心」を標榜している創価学会に取って大きな痛手になるだろう。仮に名誉会長の長男が会長に就任して会員の前で「一家和楽の信心を築こう!」などと指導したとするなら、「お前が言うな!」とヤジが飛んできそうだ(笑)(聖教新聞風に書けば「大笑い」あるいは「大爆笑!」)。
また、ネット情報によれば、名誉会長の長男は折伏や聖教新聞の啓蒙や選挙戦でのF票獲得など、学会活動の実践も殆ど行なった事がないようだが、学会活動を実践していない者が最高指導者になって「折伏行を実践しよう!」とか「聖教新聞を啓蒙しよう!」とか「選挙戦で大勝利しよう!」などと激を飛ばしても、これまた「まずお前がやれよ!」と反発が起きそうだ。
性格的にも、世俗的な欲のない学究肌タイプの人物のようで、野心家で策謀家だった名誉会長とは正反対の性格のようだ。
本人も宗教指導者としてやる気満々という訳でもないようだし、実践と行動を重視する創価学会にはなじまない人物のようでもあるし、このような人物が最高指導者となったら、組織力の衰退が一気に加速するのは確実だ。これまでは創価学会の教学や思想よりも池田名誉会長のカリスマ性に魅かれて付いてきた熱心な活動家達も次第に離れていくのではないか。
創価学会の勢力を衰退させたい側としては、このような人物こそ学会トップの指導者として歓迎したい。創価学会の組織力を弱める為に役立ってくれる事だろう。それを望んでいるのは外部の反創価学会派だけではなく、今まで学会を辞めたくても辞められないでいた学会員達(筆者の親もこの部類になる)も同じで、勢力と結束力が低下していく事によって離脱しやすくなるだろうから、願ったり叶ったりだろう。
ともあれ、名誉会長の寿命ももう長くはなさそうだし、今年は学会の動きが面白くなりそうだ。





スポンサーサイト

創価学会の落日を象徴する名誉会長の写真

長い間姿を見せない池田名誉会長について、週刊誌やネット上では、「脳梗塞から認知症になっている」「植物人間状態になっている」などといった情報が飛び交っている。
それに対して創価学会は、それら世間の風聞を打ち消すように、名誉会長が海外の国々から名誉称号を授与されたとか、本部幹部会にメッセージを寄せたとか、名誉会長健在をアピールする記事を聖教新聞に頻繁に掲載してきた。

そんな中、今月の3日付聖教新聞の第一面、「栄光の5・3 創価学会の日」の記事に、名誉会長の最新の(とされている)写真が掲載してあった。
4月に東京・新宿区内で撮影されたという説明文が入っているその写真であるが、一緒に笑顔で写っている夫人とは対照的に、名誉会長の顔には全く表情がない。まるで魂が抜けてしまったかのような腑抜けた表情である。
まさに生ける屍、魂の抜け殻とでも言える状態だ。この写真を見る限り、世間の風聞通り、実際に認知症の状態にあることは明瞭だ。

この最新の写真掲載は、名誉会長の健在ぶりをアピールするのが狙いだったのだろうが、それとは裏腹に、図らずも世間の風聞が正しかった事を立証する結果になってしまったようだ。これでは最新の写真は載せなかった方が良かったのではないか。
しかも、この第一面の記事には、全同志に贈る為に名誉会長が詠んだという記念の和歌も掲載されているのだが、この写真にある腑抜けた表情を見ればとても和歌など詠める状態にない事は明らかだ。例によって、ゴーストライターの作品なのだろう。

「勝って勝って勝ちまくれ!」といつも威勢のいい創価学会ではあるが、本仏の生まれ変わりの(と学会員に信じられている)名誉会長でも認知症には勝てなかったようだ。

創価学会としては、名誉会長が死ぬまでの間に名誉称号をかき集めておいて、名誉会長の死後に学会の権威付けとして利用する魂胆のようだが、これからの創価学会は衰退への途をゆくしかないだろう。それを象徴しているのが今回の名誉会長の写真だと言える。
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。