スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森田実氏の寄稿に思う

近頃、政治評論家の森田実氏が公明党と創価学会を絶賛しているようだ。先日の聖教新聞第一面にも「聖教新聞創刊記念日に寄せて」と題する森田氏のコメントが大きく掲載されていたが、手放しで絶賛する内容であった。
聖教新聞も2年ほど前から購読しているそうだが、例の対立者への罵詈雑言記事も気に入っている様子で、「聖教新聞には、非常に強い光と、強いパワーと、強いエネルギーがあります。それは、人間を大事にする、人間尊重の魂がこもっているということです。長年、活字に埋もれて生きてくると、新聞や雑誌、書籍のもつ「活字の力」を感じるのです」とこれまた大絶賛している。
ただ、創価学会部外者の文化人が創価学会を称賛する度に思うのは、「そんなに創価学会を素晴らしいと思うのなら、自分も学会に入ればいいではないか」という事である。
森田氏は「「百聞は一見に如かず」です。私は、私が見た、私が感じた、創価学会という優れた人間の集団が日本国民から正当な評価を受けるように努力したい。創価学会の真実の姿を広く国民に伝えていきたいのです」と述べているのだが、それなら尚更、自身が学会員となって創価学会を実体験するべきであろう。
こういう思いを抱いている人は他にもいるようで、「森田実氏が本日の聖教新聞に寄稿。そこまで創価学会を絶賛されるのなら自分も入会して行動すべき! また外部に向かって訴えるべき!」というつぶやきをツイッターに書いている人もいる( ⇒ https://twitter.com/katsu3847/statuses/325393711242543104)。

更に森田氏は「創価学会の皆さんは礼儀正しい。男性は紳士ですし、女性の方たちは淑女で、エレガントです。人間にとって一番重要な謙虚さと誠実さと一生懸命さを持って生きておられます」と称賛しているのであるが、森田氏は創価学会にとって客人なのであるから丁重なもてなしを受けるのは当然ではあるだろう。客人と内部の会員に対する態度が違うのは当たり前である。そういった事も創価学会に入って実体験しなければ判らないだろう。
そういう意味で、自衛隊の体験入隊と同じく、森田氏も創価学会に2~3年ほど体験入会してみてはどうだろうか。
その際、特権階級としてではなく、一般会員として入会すべきだ。そうでなければ創価学会の実態を知る事はできないだろう。
そして、一般会員として学会活動の最前線に立ってみる事である。森田氏は高齢ではあるが、同じような高齢者の一般会員の中にも学会活動の最前線に立って今でもがんばっている人も多い。
創価学会・公明党ファイル」というブログに書かれてあったのだが、昨年12月の衆院選で学会員が選挙違反で略式起訴されており、その選挙違反した学会員の中に83歳の老婦人もいたという。そういう高齢者でも学会活動の第一線でがんばっているのである。しかも勢い余って選挙違反までしているのである。
だから森田氏も学会活動の最前線に立つ事は出来ない事ではないだろう。是非、実体験してみられる事をお勧めしたい。
いずれにせよ、今回の森田氏の創価学会を絶賛するコメントは、創価学会にとって外部の広告塔として最大に利用できる材料となるだろう。これから学会員も折伏する時「あの政治評論家の森田実氏が創価学会を大絶賛しているんだぞ。それほど創価学会は素晴らしい集団なんだぞ」と言って勧誘して回る事だろう。
それで創価学会の実態に疎い人などは「そんなに素晴らしい所なのか」と勘違いして入会し、一般会員と森田実氏との扱いの違いに驚く事だろう。その時はもう遅いのだが。
そういう人にとって、森田実氏の今回の公言は実に罪なコメントとなる事だろう。







スポンサーサイト

お礼申し上げます

当ブログに訪問していただきありがとうございます。
本日はお礼を述べさせていただきます。

創価学会という冷酷無比な悪』のシバ様

木花のブログ』の木花様

真実と幻想と創価学会』のクロ様

白バラ通信 パンドラの箱』の髙倉良一様

拙ブログをブログ上でご紹介していただきまして誠にありがとうございました。
また、リンクしていただきましてありがとうございました。
失礼ながら、この場を借りましてお礼申し上げます。ありがとうございました。

なお、私のブログは悪質な嫌がらせや誹謗中傷に対処する為、現在コメントとトラックバックは封鎖しております。また、メールアドレスの記載も控えております。
ご不便をおかけすることになりますが、どうかご理解ください。

また、私のブログはリンクフリーですので、リンクされたい方はご自由にリンクしていただいて構いません。
私も気に入ったブログやサイトは次々と勝手にリンクさせて頂いております。その点、ご了承ください。


当ブログは頻繁に更新する事はできませんが、これからも創価学会への批評を続けて参ります。
これからもよろしくお願いいたします。

創価学会の組織で生き抜く秘訣

日本最大の宗教団体・創価学会は信者数日本一を誇っているが、その中でどれだけの信者が創価学会の組織の中を生き抜いているだろうか。いくら信者数の多さを誇っていても、多くの信者は学会の組織について行ってない。というよりついていけないという方が正解だろう。
そこで今回は創価学会の組織を生き抜く秘訣について考えてみたい。

創価学会の指導に「愚直の信心たれ」というのがある。言い換えれば「馬鹿のように素直に創価学会についてこい!」という事になる。なるほど、確かに馬鹿にならなければ学会活動を続ける事はできないだろう。裏を返せば賢い人間には無理だという事になる。だから世の中の学者や文化人など賢い人間は創価学会を称賛する事はあっても決して自らは学会には入らないのだろう。

そしてもう1つ学会の組織の中を生き抜く秘訣としては、厚かましくなる事だ。創価学会では厚かましい人間になる事を「人間革命」と言っているようだが、確かに創価学会の組織の中を生き抜くには厚かましくならなければ無理だろう。

馬鹿になって厚かましい人間になれれば創価学会の組織の中を生き抜く事ができる。学会教学など知らなくても心配しなくてよい。殆どの活動家は学会教学をよく知らずに学会活動を続けているのだから大丈夫だ。

という訳で、馬鹿になれない人と厚かましい人間になれない人は創価学会の組織には向いてないという事になる。

創価学会という組織は弱者に寄り添うような事はしない。創価学会という組織は弱肉強食の世界だから馬鹿のように単細胞で厚かましい人間でなければ生きていけない世界なのだろう。






格差組織の創価学会

創価学会を「相互扶助団体」として評価している学者や評論家もいるようだが、創価学会自体には相互扶助機能は存在しない。創価学会に相互扶助機能があるというのなら、学会員が死亡したり生活に困窮した時などに、学会員から徴収した広布基金などの寄付金を還元するべきだが、そういう事は一切なく、学会員が納付した寄付金は学会の本部職員の給料になったり学会の資産になっているだけで、学会員には還元されていない。
創価学会での相互扶助というのは仕事上での取引の時、同じ学会員である方が仕事も得られやすいとか、商売をしていれば、学会員がよく買い物に来てくれるとか、あくまでも学会員個人間での相互利用といった方が正しいだろう。あくまでも会員個人間での事であり、学会の組織にそういうシステムがある訳ではない。
それよりも、創価学会の組織に存在するのは格差である。創価学会の実態は格差社会・格差組織であると言ってよい。
創価学会は北朝鮮との類似性をよく指摘されるが、北朝鮮の社会をそのまま宗教組織にしたものが創価学会であると言える。
学会上層部の本部職員即ち職業幹部は創価学会から給料を貰って生活している特権階級であり、一般会員は別に仕事を持ち、創価学会に寄付をしてこれらエリート階層を支えている。しかもそれだけではなく、折伏にしても選挙での票獲得にしても聖教新聞等の販売拡大にしても一般会員が行なっている。特権階級は号令を掛けているだけである。
創価学会はよく「庶民の宗教」とか「庶民こそ王者」とか「創価学会こそ平等な組織」などと喧伝しているが、実態は特権階級が一般会員を支配している格差組織なのである。
本来の仏教でも、在家信者が出家修行者に食事などを供養してその生活を支えていたが、大衆に直接説法し導いていたのは出家修行者であった。欲を抑え質素な生活に徹して解脱の為の修行に励み、直接大衆に法を説いて導びくという事を実践していたからこそ当時の出家者は在家信者から尊敬され、供養を受けていたのである。供養を受けるだけの資格があったからである。
それに対して創価学会の職業幹部は一般信者から寄付を徴収していながら自分達は号令を掛けるだけで、折伏も選挙での票集めも聖教新聞等の販売拡大も実践していない。これでは供養を受けるだけの資格もない。
そもそも供養・寄進・布施とは信者が自発的に行うものであり、強制されて行うものではない。だから創価学会の場合は供養・寄進・布施ではなく寄付の徴収または会費の徴収と呼ぶべきである。
このような格差組織の創価学会で救われたと思い込んでいる熱心な一般会員も多数存在しているようだが、客観的立場から見ると学会から良いように利用されているだけだと言える。特に地区幹部や支部幹部に借金している者が多いという事実がそれを示している。
「本人が創価学会で救われたと思ってるんならそれで良いじゃないか」と言う人もいると思うが、この問題は学会員本人だけに留まらない。いつも学会活動と学会への献金で生活を圧迫されている活動家は他の会員や学会部外者からも借金して迷惑を掛ける事になり、被害が拡散される事になる。
一般会員は特権階級の支配下で一般会員同士と金銭トラブルを起こしたり部外者ともトラブルを起こしたりしている訳で、そういう事を考えたら我が身を犠牲にして学会活動に励むのがバカバカしくなってくるはずである。
少なくとも正常な思考力を有しているのであれば、そうでなければならない。

最後に、格差組織の創価学会を端的に示した一例としてここをご覧頂きたい。

↓   ↓   ↓   ↓    

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n18525

プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。