スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金の力でマスメディアを支配する創価学会

筆者が住んでいる地域では、今週から創価学会関連のテレビCMが放送されている。少し前にも毎日のようにCMが続いていて、やっと終わったかと思っていたら、また始まったようだ。
放送している時間帯は夕方近くのワイドショーの時間帯と夜のゴールデンタイムだ。CMの内容は聖教新聞編もあれば創価大学編もある。
CM自体はどうという事もないイメージCMで、最後に「聖教新聞」とか「創価大学」というナレーションがなければそのまま見過ごして聞き流してしまうようなものばかりだが、創価学会関連のCMだと判って不快な気分になってしまう。
不快を感じるのは、単に自分がかつて創価学会によって不快な目に遭ったからというだけでなく、テレビ局が創価学会の金の力に屈服してしまった現代日本の有様に憤りを覚えるからである。
勿論、創価学会関連のテレビCMを見て創価学会に入信したり聖教新聞を購読するような人は皆無に近いだろうし、創価学会側もテレビCMによって信者が増えたり聖教新聞の購読数が増えたりする事を期待している訳でもないだろう。
創価学会の狙いは金の力でテレビ局を支配する事にあるのだろう。すでに大手新聞社も学会の金の力に屈服し支配されてしまっているし、ラジオ局も同様の有様だ。
創価学会の狙いは、新聞社とテレビ局とラジオ局を支配し、学会の不祥事が起きてもマスメディアに報道させない、金の力で黙らせるという事にあるのだろう。それもすでに実現している事であり、創価学会絡みの事件や疑惑は新聞でもテレビニュースでも全くと言っていいほど報道しなくなった。
創価学会の不祥事や疑惑を報じて批判しているマスメディアは一部の週刊誌くらいなものである。
テレビ局側は、創価学会はオウム真理教のような教団ぐるみの明確に立件された事件を起こしていないからとか、信教の自由があるからCMの依頼を拒否できないとか言い訳をしていると思うが、創価学会には犯罪疑惑や暴力団との癒着疑惑など数多くの疑惑が取り沙汰されている。たとえそれが創価学会の犯罪として立件されていなくても、疑惑まみれの宗教団体のCMを公共の電波で放送するなど許されない事だ。
それも深夜の時間帯ならまだしも、昼間やゴールデンタイムに堂々と放送している始末だ。
かつては報道の世界には「社会正義」という言葉があったが、今の報道の世界ではもはや死語になりつつあるようだ。疑惑まみれでも金さえもらえば宣伝の片棒担ぎも厭わないという事なのだろう。
このような社会が創価学会が言うところの広宣流布の姿だと言うのなら、理想社会どころか暗黒の社会しか現出できないだろう。

ちなみに、創価学会はかつてこんな事を言っていた。
     
     ↓   ↓   ↓

「或る人は利口気にいう。布教に、ラジオを使うべきだ、テレビを使用すべきだ・・・と。
何と、浅墓な言であろうか。俗にいう、PRなど、学会には、絶対に必要ないのだ。
それこそ、多くの新興宗教の取るべき、悪質な企業宗教の手段にほかならない。
正法は、断じて法を下げるような方法は取らない。取る必要がないのである」
(池田大作著/人間革命 第二巻)

かつては神社の鳥居をくぐったり町内会の祭りに参加しても謗法だとか、日蓮正宗の本尊にしか功徳はないなどと言っていたのに、今ではその主張も変わってしまっているように、言う事がコロコロ変わるのは創価学会の特徴の1つであるが、創価学会の教典とさえ言える『人間革命』に書いてある事も簡単に変えてしまっているようだ。
自分達の権力欲を実現させる為なら自己矛盾など何ともないのだろう。




スポンサーサイト

創価学会におけるカルト式人材育成法

創価学会では今でもそうだと思うが、筆者が学会員だった頃、男子部にしても女子部にしても、本部単位で「◯◯会」とか「◯◯塾」といった名称の人材育成グループがいくつも作られていた。筆者は自分から志願した事はないが、幹部から勝手に任命されて参加させられたものである。それもいくつかのグループに掛け持ちで参加させられていた。ただでさえ学会活動で忙しいのに、その上人材育成グループをいくつも掛け持ちさせられて全く忙しかった。ただ、このような人材育成グループは「発展的解消」をする事が多く、しばらくグループの会合が続いたと思っていたら、そのうち連絡が来なくなり、いつの間にかグループが消滅していたという事もしばしばであった。しかし、1つのグループが消滅してもしばらくするとまた新しいグループが結成され、そこへ勝手に任命されて参加させられる事も多かったから、結局忙しい目に会わされる事に変わりはなかった。
要するに創価学会の人材育成グループというのは結局は創価学会と池田名誉会長を守り抜く人材を育てるのが目的なのであり、グループの会合での内容もその一点に絞られたものばかりであった。
あるグループでの会合では、幹部が、今創価学会がいかに危機的状況にあるかという事を訴え、その創価学会と名誉会長から我々がいかに大恩を受けているか、そしてその学会と名誉会長を守り抜く事が恩に報いる事であり、仏法保持者としても人間としても重要であり誉れ高き事であり正義であり使命であるかという事を感情に訴えかけるような激しい調子で指導をし、その後で1人ずつ前に立たせて創価学会と池田名誉会長を守るという決意発表をさせていたものであった。
男子部員達は皆、やる気を漲らせて決意発表していたものであったが、中でも1人、幹部の指導に感極まって涙を流しながら決意発表する者もいた。この男子部員は日頃から「趣味は学会活動」と公言しているほど創価学会にのめり込んでいる人物であったが、この時も感涙にむせびながら「必ず創価学会を守り抜きます!」と叫んでいたものであった。その様子は学会部外者から見れば実に異様な雰囲気に映った事だろう。
その頃はカルトという言葉すら知らなかったが、後になって思えば正にカルトそのものと言える一場面であった。
そもそもいくつものグループに参加させて忙しくさせ、考える暇をなくして思考停止状態にし、命令通りに動く人間にしてしまうというのはカルトの常套手段である。
筆者はその時には創価学会を脱出するタイミングを計っていた頃だったので、そういう様子を見ても感激する気も起きず、気持ちは引くばかりであった。それでも筆者の番が回ってきた時は、当たり障りのない決意発表をしておいた。勿論、少しでも元気のない様子ややる気のない態度を見せると幹部から罵倒されるので、表面上はいかにもやる気があるような態度を示しておいた。なかなか演技力が必要であった(笑)
このように、学会員がいかに創価学会から恩を受けているかという事を植えつけ、身を捨てて学会を守る事こそが恩に報いる事であり、学会に恩を返さない者は犬畜生よりも劣るというような事を指導して洗脳するのが目的なのである。
池田名誉会長の指導に 「宗教は『人間の幸福』のためにある」というのがあるが、本音は「池田名誉会長の幸福と創価学会の特権階級の幸福の為に人間(学会員)がある」という事だ。結局は名誉会長と創価学会を守らせる為の人材育成なのである。このような人材育成グループで学んだとしても創価学会に都合の良い人間になるだけで、人間的成長は望めない。

プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。