スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏にならずに鬼になれとはこれ如何に?

以前にも当ブログに書いた事があるが、特に男子部や壮年部の活動家は、学会活動の後に飲み屋に繰り出す事が多かった。筆者は酒が飲めない為、酒の席が苦手だったのだが、学会活動後、地区幹部に居酒屋などに引っ張り出され付き合わされる事が多かったものである。そこでは、同席していた地区部長が他の地区幹部達と、その場にいない支部長の陰口を叩き、愚痴やら悪口やらを言い合っていたものであった。
そして、そういう酒席では活動家達は公には言えない事をよく喋っていたものだった。ある地区幹部は、自分の部員が学会を辞めたいと言ってきたので殴ってやった、と当然の事のように喋っていたものだった。その殴られた男子部員は結局学会を辞めていったそうだが。殴られた方からすれば、ますます創価学会を嫌になるのが当然だろう。殴った地区幹部は暴力行為で訴えられなかったのが幸いだったと言える。
また、その地区幹部は筆者に「受け持っている部員から”仏の◯◯”なんて言われるようになったらしまいだぞ。”鬼の◯◯”と言われて恐れられる存在になれ」と言っていたものである。
実際、男子部には、活動家達から”鬼の◯◯”と呼ばれてカリスマ化されていた圏幹部もいた。そうして活動家達の畏怖と尊崇の対象になっていたようだ。
それにしても、本来創価学会は仏になる事を目指している宗教なのに、仏にならずに鬼になれとはこれ如何に?
鬼になる事を目指すのなら仏教を名乗らず鬼教(?)を名乗るべきだろう。
この辺りにも創価学会が本来の仏教からかけ離れた存在である事が窺える。原始仏典には、釈尊は武力と威力に依らずしてその人物的威徳に依って弟子達を従わせていると賛嘆されたとあるが、それが仏教の目指すべき原点だろう。創価学会では「仏罰」の脅しと幹部達の有形無形の威力によって信者達を従わせようとしている。これは仏教とは言えない。鬼教と名乗るべきだ。


スポンサーサイト

「善人」が支える悪質カルト

善い事をしようと思って暴力団や暴走族に入る人はいない。また、世の為人の為になる事をしようと思って詐欺師や悪質業者になる人もいない。暴力団員や暴走族や詐欺師・悪質業者は悪を悪として自覚しながら悪を行なっていると言える。
しかし、カルトに洗脳された信者は、自分では善い事をしているつもりで迷惑行為や違法行為、あるいは犯罪行為を行なっている場合が多い。それは日本最大のカルト集団である創価学会でも同じで、洗脳された活動家の会員は人の迷惑など考えもしないで強引な折伏やしつこい選挙の依頼を繰り返しているし、創価学会を守る為なら犯罪行為も辞さないし選挙違反も行なっている。相手が迷惑していても学会員の方は「善い事をしてやった」つもりでいるのだから全く始末に負えない。
よく学会部外者の文化人が、「学会員は人の為に尽くそうとする善良な人が多い。人が嫌がる自治会の役員なども進んで引き受ける人が多い」などと評価しているが、確かに元々は善良な人々であったのが学会員なのだから、普段接している分には「善人」だと感じられるだろう。だが、事が折伏や選挙活動や創価学会を守る為の活動になると途端に人の迷惑になるような事をしつこく繰り返すのも学会員なのである。本人達はそれを「善い事をしている」「正しい事をしている」と思い込んでいるからだ。
このような場合、見ず知らずの者ならまだ撃退しやすいが、親族や友人・知人、仕事関係者などなど無碍に断わりにくい相手だと撃退するのに苦労する事になる。
このように、普段「善良な人間」として生活している人々を洗脳して悪の手先として操っているのがカルトであり、創価学会なのである。
その意味で、創価学会は暴力団以上に悪質な集団だと言える。

学会活動家ブログの選挙記事

少し前の記事に、創価系ブログには今回の選挙戦についての記事が見当たらないと書いたのだが、今日再び創価系ブログを見て回ると、いくつかのブログに参院選についての記事が書かれてあった。
それらを見てみると、学会員は公明党を支援するのが当たり前という考え方が伝わってくる。とにかく公明党を支援するのが正義であり、創価学会が決めた事だから応援するという考え方しかできないようである。
中には公明党を支援する事に疑問や不満を呈している活動家のブログも見かけたが、そのような考え方を持っていても結局は学会員というだけで公明党の応援をしなければならなくなるというのが学会の組織なのである。
自分の頭で投票先さえ決められないという創価学会組織では、学会が唱える「仏法民主主義」など実現不可能だ。



地獄界湧現の選挙活動

木花さんがブログに、創価学会の選挙活動での嫌な思い出を記事に書いておられたが、全く同感である。
多くの学会員や元学会員が選挙活動での嫌な思い出を抱えているのではないだろうか。
筆者は中でも公明党支援の活動家大会などでの異様な雰囲気が大嫌いだった。会場内には殺気立った雰囲気が漂い、まるで地獄の様相さながらであったし、「Fを取れ!」とか「Fを取らない奴は蹴り倒すぞ!」などと喚き叫ぶ幹部連中は地獄の鬼のように思えたものである。このような中で創価学会が言う「仏界を湧現」させるというのは不可能だ。湧現してくるのはせいぜい「阿修羅界」や「地獄界」くらいのものだろう。
それについて前々から思っているのだが、創価学会を称賛している文化人に、選挙戦の活動家大会を見せてやったらどう思うだろうか。これまで客人用の和やかな雰囲気の集会しか見せられていないのだろうから、幹部が喚き叫ぶ選挙戦の集会を見せてやれば、口先だけは「いやー、素晴らしい雰囲気の集会ですねー」と心にもないお世辞の1つも言うかも知れないが、内心では「この連中は本当に仏教の信仰者なんだろうか?」と疑いを抱く事だろうと思う。それほど創価学会の選挙活動は仏教の信仰とかけ離れたものなのである。殊に、前回紹介した『現役学◯員の苦悩』を書かれた人のように純粋に仏法を学ぶつもりで創価学会に入ったような人にとっては選挙活動にはついて行けないだろう。『現役学◯員の苦悩』にも「疑問を持たず素直な信心の人のほうが幸せになれる」と学会幹部から言われたとあったが、矛盾だらけの創価学会について行けるのは、一切疑問を持たない会員だけである。
そう言えば聖教新聞に「信心は『素直』が一番じゃ」(2012年8月2日付)という見出しの記事が載っていた事があったが、これに頷ける者がどこまでも学会について行ける者達である。

学会活動に苦悩する学会員の本音

参院選もたけなわの今日この頃、創価学会の活動家は懸命に集票活動に邁進中だが、学会員の中には選挙戦を強要される事に疑念を抱いている者も数多く存在している。
つい先日、そんな苦悩を綴った現役学会員のブログを見つけた。

こちら⇒ 現役学◯員の苦悩

このブログ管理者は、日蓮仏法を学びたいという動機から、自分の意思で創価学会に入会したのだそうだが、入会してすぐに、それまで抱いてた創価学会のイメージと実際の学会の実態があまりにかけ離れている事に疑問を抱くようになり、その思いを綴る為にブログを立ち上げたのだという。特に、日蓮を宗祖と仰いでいるのに実際には池田名誉会長を師匠と仰ぎ、その師への恩に報いるように強要される事や、教義にもない選挙活動を強要される事など、困惑する気持ちが吐露されている。
このような現役学会員が学会活動への苦悩の思いを綴っているブログは他にいくつもあるが、現在更新されていないブログが多い。この『現役学◯員の苦悩』も現在更新されていないが、記事は昨年書かれていて比較的新しい内容なので紹介させて頂いた。
それにしても、創価学会の悪名がこれだけ轟いているのに、世の中にはその事を知らない人もまだまだ多いようだ。やはり、新聞社やテレビ局などの大手マスメディアが創価学会に都合の悪い内容の報道をしないからだろうと思われる。インターネットで創価学会関連の検索をすると学会に都合の悪い情報がいくらでも出てくるのだが、週刊誌の記事同様にネット情報を信用しないという人もいるから、創価学会の実態を知らない人も多いのだろう。
それはともかく、そもそも日蓮仏法を学ぶのに創価学会を選んだ事が大きな間違いだ。
勿論、池田名誉会長への報恩の仕方を学びたい人や、選挙活動の方法を学びたい人は創価学会に入会した方が良いだろう(笑)
いずれにせよ、創価学会の選挙活動に疑念を抱くのが普通の感覚だろう。選挙戦にも名誉会長を永遠の師と仰ぐ事にも疑問を抱く事もなくそれを当たり前だと思っている盲信的な学会員こそ異常だと言うべきだろう。


プロフィール

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。