スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公式の教義にもない創価学会の選挙活動

創価学会の公式サイト『SOKAnet』を見てみると、選挙に関する記事や公明党に関する記事が1つもない。
政教分離を建前としているのだからそれは当然ではあるのだが、しかしここが創価学会の内情をよく知らない一般人が騙される点なのである。
創価学会の内情に疎い人であっても、創価学会と言えば「選挙戦・公明党」というキーワードを連想する事だろう。
それほど創価学会と選挙、創価学会と公明党というのは世間からも、切っても切り離せないものである事は知られているのであるが、しかし、それでも学会部外者の中には、創価学会が公明党を支援するのはあくまでも任意であり、強制される事もなく、支援したい会員だけが支援活動をしている、というようなイメージを抱いている人も多いのではないかと思われる。仮にそう思っている人が創価学会に入信し、学会活動の現場に直面したら、創価学会と公明党の一体化や当然のように公明党支援の選挙活動を強要される事に困惑する事だろう。何しろ公式サイトに一言も書かれてない事が実際には創価学会の信心活動の中心に据えられているのだから、新入信者の多くは納得できないだろう。
筆者の弟はまだ学生で未成年者だったのに、選挙活動として学会幹部から、友人の親や知人宛に公明党への投票依頼のハガキを夜遅くまで書かされた事が納得できず、また、学会内の人間関係にも不信感を抱いて学会組織から離れて行ったのだが、このように創価学会では、公式の教義にもない事を有無を言わさず強要されるという事を学会部外者は知っておく必要があるだろう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。