スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学会活動に苦悩する学会員の本音

参院選もたけなわの今日この頃、創価学会の活動家は懸命に集票活動に邁進中だが、学会員の中には選挙戦を強要される事に疑念を抱いている者も数多く存在している。
つい先日、そんな苦悩を綴った現役学会員のブログを見つけた。

こちら⇒ 現役学◯員の苦悩

このブログ管理者は、日蓮仏法を学びたいという動機から、自分の意思で創価学会に入会したのだそうだが、入会してすぐに、それまで抱いてた創価学会のイメージと実際の学会の実態があまりにかけ離れている事に疑問を抱くようになり、その思いを綴る為にブログを立ち上げたのだという。特に、日蓮を宗祖と仰いでいるのに実際には池田名誉会長を師匠と仰ぎ、その師への恩に報いるように強要される事や、教義にもない選挙活動を強要される事など、困惑する気持ちが吐露されている。
このような現役学会員が学会活動への苦悩の思いを綴っているブログは他にいくつもあるが、現在更新されていないブログが多い。この『現役学◯員の苦悩』も現在更新されていないが、記事は昨年書かれていて比較的新しい内容なので紹介させて頂いた。
それにしても、創価学会の悪名がこれだけ轟いているのに、世の中にはその事を知らない人もまだまだ多いようだ。やはり、新聞社やテレビ局などの大手マスメディアが創価学会に都合の悪い内容の報道をしないからだろうと思われる。インターネットで創価学会関連の検索をすると学会に都合の悪い情報がいくらでも出てくるのだが、週刊誌の記事同様にネット情報を信用しないという人もいるから、創価学会の実態を知らない人も多いのだろう。
それはともかく、そもそも日蓮仏法を学ぶのに創価学会を選んだ事が大きな間違いだ。
勿論、池田名誉会長への報恩の仕方を学びたい人や、選挙活動の方法を学びたい人は創価学会に入会した方が良いだろう(笑)
いずれにせよ、創価学会の選挙活動に疑念を抱くのが普通の感覚だろう。選挙戦にも名誉会長を永遠の師と仰ぐ事にも疑問を抱く事もなくそれを当たり前だと思っている盲信的な学会員こそ異常だと言うべきだろう。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。