スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄界湧現の選挙活動

木花さんがブログに、創価学会の選挙活動での嫌な思い出を記事に書いておられたが、全く同感である。
多くの学会員や元学会員が選挙活動での嫌な思い出を抱えているのではないだろうか。
筆者は中でも公明党支援の活動家大会などでの異様な雰囲気が大嫌いだった。会場内には殺気立った雰囲気が漂い、まるで地獄の様相さながらであったし、「Fを取れ!」とか「Fを取らない奴は蹴り倒すぞ!」などと喚き叫ぶ幹部連中は地獄の鬼のように思えたものである。このような中で創価学会が言う「仏界を湧現」させるというのは不可能だ。湧現してくるのはせいぜい「阿修羅界」や「地獄界」くらいのものだろう。
それについて前々から思っているのだが、創価学会を称賛している文化人に、選挙戦の活動家大会を見せてやったらどう思うだろうか。これまで客人用の和やかな雰囲気の集会しか見せられていないのだろうから、幹部が喚き叫ぶ選挙戦の集会を見せてやれば、口先だけは「いやー、素晴らしい雰囲気の集会ですねー」と心にもないお世辞の1つも言うかも知れないが、内心では「この連中は本当に仏教の信仰者なんだろうか?」と疑いを抱く事だろうと思う。それほど創価学会の選挙活動は仏教の信仰とかけ離れたものなのである。殊に、前回紹介した『現役学◯員の苦悩』を書かれた人のように純粋に仏法を学ぶつもりで創価学会に入ったような人にとっては選挙活動にはついて行けないだろう。『現役学◯員の苦悩』にも「疑問を持たず素直な信心の人のほうが幸せになれる」と学会幹部から言われたとあったが、矛盾だらけの創価学会について行けるのは、一切疑問を持たない会員だけである。
そう言えば聖教新聞に「信心は『素直』が一番じゃ」(2012年8月2日付)という見出しの記事が載っていた事があったが、これに頷ける者がどこまでも学会について行ける者達である。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。