スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お笑い『折伏教典』

創価学会にはかつて『折伏教典』という教学書があった。新しい学会員はその存在さえ知らない人も多いと聞くが、筆者の実家にも置いてあり、筆者が1人暮らしを始めた時、(当時は学会員だったので)学会教学を勉強するつもりで持って出たのだが、その後脱会した時に捨ててしまった。今思えば、参考資料として取っておけば良かったなと後悔している所である。
その『折伏教典』の内容は殆ど忘れてしまっていたのだが、ミルさんが運営しておられる『意味のないことなんて起こらない』というブログに、『折伏教典』の内容の一部が記されているので、勝手ながら以下に記事の一部を転載させて頂いた。


( ここから転載 )
 ↓  ↓  ↓

続いて、「十界論」について。

Kさんからも説明があったが、より正確に、手元にある「折伏教典」(昭和39年版 P40~42)から抜粋しておく。

1)地獄:子供に死なれる、借金に悩む等の煩悶、懊悩(おうのう)するその苦しみを心に感じ、肉体および生活に現ずること
2)餓鬼:欲に支配された貪りの状態、満足を知らない生命
3)畜生:強い者を恐れ、弱いものをあなどる、イヌ・ネコ同様の生命に支配されること
4)修羅:心が曲がっているため、すぐにカッとなり、腹立ちの状態にみちているとき

以上が四悪道といって、これに支配されている生活には、絶対に幸せはない。

5)人界:平らかな生命の状態
6)天界:願いが叶ったときに有頂天に喜ぶ状態
7)声聞:ある理論をつかみ、理解がでてくる時に喜びを感じ、その思想をもって人生観とする状態。インテリ階級。
8)縁覚:名人じょうずの心境等。一分の理を縁によって悟った者。
9)菩薩:自分の徳性を発揮して、社会のために尽くす働きを、心や肉体に表したとき。
10)仏:われわれが信心し、折伏をするのは、永遠の生命観を証得し、ゆるがぬ幸福生活を実現することが目的であり、この状態を仏という。

よく問題視される十界論は、初刊の折伏教典(昭和26年発刊 P42~44)のもので、以下の通り。

1)地獄:不具者、病者、狂人、ルンペン、邪宗教の坊主及び信者。
2)餓鬼:下級労働者、衣類住居まではとても手が届かず、毎日毎日の生活が食を得る為に働いているような人々。アルコール患者。拝金主義者。性格異常者。
3)畜生:パンパン、不良、泥棒、スリ、その他犯罪者。
4)修羅:兵隊、警官、拳闘家、将棋、碁を職業とするような、人と争う人間。
5)人界:普通平凡に生活している市井人。
6)天界:大金持、元の皇族、貴族、一国を動かしている大政治家、経済家、偉大な軍人等々。
7)声聞:学者、研究家、学生等。
8)縁覚:大作曲家、音楽家、芸能上で一芸の奥義に達した者、何かの研究を完成した学者等。
9)菩薩:二宮尊徳の如く広く社会を利益した者。偉大な発明発見 により広く社会を利益した者。仏法を広め、衆生に救を与えた人々。
10)仏:日蓮大聖人(御本仏)、釈迦(迹仏すなわち影の仏)、天台(迹仏)、伝教大師(迹仏)等

( 以上、転載終わり )

筆者が学会員だった頃はまだ創価学会を信じていたので、このような内容の本を読んでも当たり前のように考えていたのだろうと思うが、今読み返したら、なかなか笑える内容である。
昭和39年版の場合、地獄の例として書いてある内容は、一生懸命学会活動している学会員にも見受けられるし、餓鬼・畜生・修羅は池田名誉会長及び創価学会の事を書いてるのかと思ったほどである。
また、昭和26年版には差別用語や下品な表現も羅列されているが、こんな事を書いている者の品性の下劣さが窺える内容になっていて面白い。宗教書と言うよりお笑い本と言った方がいいだろう。
こんな面白い本が現在発行されていないのが残念だが、創価学会もさすがにこの本を学会員にも外部にも見せられないと思っていて、この本は存在しなかった事にしているようだ。
自信満々の調子で書いている内容であるだけに、そのうぬぼれぶりも笑える内容であった。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。