スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信心するのは何の為

創価学会の活動家は、ニンジンを目の前にぶら下げられムチで打たれてひた走る競走馬に譬えられる。功徳というニンジンを目指し学会幹部から叱咤激励(別の言い方をすれば罵倒)されるというムチを受けながら、学会活動家は振り返ることもなくひたすら走り続けているのだが、ゴールに到達する者は殆どいない。競走馬はゴールに達してニンジンを食べる事ができるが、学会活動家にはゴールはなく走り続けなければならず、結局功徳というニンジンを食べられないまま人生を終わってしまう事になる。哀れである。
それでもそういう生き方に満足し、そういう生き方に幸福を感じている者はまだ良いだろう。それで幸福だと思っているのなら、それはその人の人生観であるのだから、他からとやかく言う必要はない事だ。しかし、そのような人生は創価学会での活動に矛盾と疑問を感じながらついて行っている活動家にとってはただ苦痛でしかないだろう。そういう学会員こそ不幸な人生というべきだろう。
与えられた環境に諦めて生きるというのも1つの人生観かも知れないが(学会員の中には学会活動に納得できなくても創価学会の言う事を正法だから仕方ないと諦めている者もいるようだ)、創価学会は別に正法でもなく宇宙の法則でもなく、単に人間が勝手に作った組織に過ぎないのだから、そのようなものを絶対視する必要はないのだし、そのような真理でもないものに自分の人生を縛り付けられる義務もない。「創価学会こそ仏意仏勅の団体」とは学会が勝手に言ってるだけで何の根拠もないのであり、真理でも正法でもないのだから、学会を辞めても罰など当たらないのは当然だ(実際、筆者は学会を辞めても罰など当たらなかった。それにそもそも創価学会には熱心に信心活動していても功徳と呼べるようなものは出て来ないで悪い事しか出てこない者の方が多い)。
「信心は何の為にするのか、それは人間革命して幸福になる為だ」と学会幹部は指導するだろう。しかし、学会活動に追い立てられている活動家には何の為に信心活動しているのか判らなくなっている者が多い。池田名誉会長や学会組織の為に信心活動し自分も家庭も犠牲にして苦悩する結果に終わっている。そこに気づかないまま活動家は創価学会にどこまでもついて行くのだろう。
創価学会に関わらずに幸福に生きている人々は世の中にいくらでもいるのに、学会活動に苦しみながら「創価学会にしか幸福はない」と思い込んでいる学会員には、「気が済むまで学会活動に邁進してくれたまえ」と言うしかない。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。