スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会の理想と現実-功徳編

創価学会が布教する時の決めゼリフは「この信心をすれば福運が付いて功徳が出る」というもので、聖教新聞においても座談会などの会合においても功徳の体験談が大々的に宣伝されている。創価学会の言う功徳というのは病気が治る、生活が良くなる、仕事がうまくいくなど、主に現世利益が強調されており、特に戦後の復興期にその宣伝文句が功を奏して多くの信者を得る事ができたのであるが、しかし、実際はどうかというと、創価学会が広言している功徳の実証を示している学会員はなかなか見当たらないというのが現実である。
また、創価学会は客観的な功徳の現証が見られない場合の言い訳として「功徳というのは単に願いが叶ったとか思い通りになったという事ばかりではなく、困難に遭遇してもそれを悠々と乗り越えて行ける境涯になる事を功徳というのである」などと言っているが、周囲の学会員を見ると、困難な状況(主に生活面)に直面すると学会部外者の友人・知人に泣きついて助けてもらおうとする役職者や活動家が多く、とても「悠々と困難を乗り越えられる境涯」とは言えない者が多かった。
以前にも書いたが、そもそもこの世は無常の世界だから良い事も悪い事もあるのが当たり前であり、良い事があった時「これは功徳だ」と思えるのが信仰心というものだろう。「真の功徳は創価学会にしかない」と豪語しているが、良い事があったとか願いが叶ったとかいう現証は創価学会でしか体験できないというものではなく、他の宗教での信仰においても見られるし特定の信仰をしていなくても見られる事でもあり、創価学会にしかないというものではない。
結局、功徳があるかないかというのは本人の気持ちの問題であり、本人が幸福だと思えるのならそれは功徳であると言えるだろう。いくら創価学会が他宗教の信仰で幸福感を得ている人に「それは邪宗の信仰によるものだから功徳ではない」などと批判しても、本人が幸福感を得ているのならそれは功徳というものだ。
それよりも、功徳欲しさに創価学会からの無理難題をやり遂げようとして無理をし、それによって幸福感を得るどころか苦痛しか感じられないのでは本末転倒でしかないし、そんな信心を続けても無駄でしかない。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。