スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とぼけた記事を書いている提灯持ち創価系ブログ

ネット検索していたらたまたま創価系ブログを見つけたのだが、そのブログにとぼけた内容の記事が書いてあり、ある意味面白く思ったので、ここに紹介しておきたい。興味のある方は覗いてみられるのも一興だろう。
URLはこちら→ http://trendblog.sblo.jp/category/654645-1.html

その創価系ブログに財務についての記事が書いてあったのだが、その中で、「財務は強制的になされるお布施のように誤解されている向きが多い。創価学会の財務部員となり広布基金に参加することはあくまでも信仰上の権利であって義務ではないのである」と書いてあり、財務はあくまでも義務ではなく信仰上の権利であると強調しているのだが、これを読んで元学会員は勿論、現役の学会員でさえも「何とぼけた事書いてるんだ!」と呆れるのではないだろうか。財務は義務ではなく信仰上の権利とはよく言えたものである。「権利なのだから、権利を行使して目一杯寄付しろ」と言いたのだろうが、学会員の中で財務を権利だと思って喜んで寄付している者がどれだけいるだろうか。
筆者の親は学会員だが創価学会をそんなに信じてなくて、財務についても喜んで寄付している訳ではなく、なるべくなら出したくないと思っているようで、言わば納税の義務のように義務感で「仕方ない」と言いながら寄付している有り様である。ではなぜ出したくないのに財務に寄付しているかというと、学会組織は一般の宗教よりも人間関係が濃密である為、財務にしても人間関係を気にして断わりたくても断われない雰囲気になっているからである。しかも、財務の振込期間中には「財務は振り込みましたか?」と幹部が電話などでしつこく確認を取りに来るのでなおさら振り込まざるを得ない雰囲気にさせられているからである。
そこが創価学会の巧妙な所で、確かに財務は強制ではないが、財務に振り込まざるを得ないように仕向けているのである。学会組織の人間関係がそれほど濃密ではないなら、財務をクールにあるいはドライに断わる事ができる所だが、財務を断わる事に罪悪感を持たせるように仕向けている所が創価学会の狡猾さなのである。
筆者は、借金までして財務に寄付している学会員を何人も知っているが、「財務は強制ではなく、権利である」と思っている学会員が借金までして無理して寄付するような事はしないだろう。無理して財務に寄付するように仕向けているからこそ借金までして寄付しているのである。そういう現実がこの創価系ブログの管理者には判ってないようで、ただ理想論を述べているだけでしかない。と、言うよりも、ある意図を持って運営されているブログではないかと思う。
この創価系ブログは一見すると一般の学会員が運営しているように見えるが、管理者のハンドルネームなども表示されておらず、その内容も1学会員の視点からと言うよりも、創価学会側からの視点のような印象を受ける。
恐らく、学会本部の職員が学会員個人が運営しているように装ったブログではないかと思う。創価学会の公式サイトよりも、一般会員が書いているように見せかける事が財務や選挙活動や折伏活動などに会員を誘導しやすいからではないかと思われる。その意図に気づかずにこんなブログに共感する者がいるとすれば、よほどおめでたい人間なのではないだろうか。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。