スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自ら考えないことの悪

2月20日付聖教新聞の「生活ワイド」面に「考える力を育もう」という大見出しの記事が掲載されていた。
自分の頭で考えない信者を養成している創価学会が「考える力を育もう」とは笑わせてくれるものだ。
聖教新聞には創価学会や信心とは関係のない記事もあり、「生活ワイド」面もその1つで、「考える力を育もう」という記事は子供の教育について教育学者にインタビューした記事なのだが、信心とは無関係の記事とは言え、その大見出しには笑える。
そう言えば、2月22日付読売新聞の「時の余白に」という編集委員によるコーナーに「自分の頭で考えてくれ」という大見出しの記事が掲載されていた。ナチスの迫害を受けてアメリカに亡命したユダヤ人の政治哲学者ハンナ・アーレントがユダヤ人大虐殺の責任者だったアイヒマンについて論考した文章を引用している記事なのだが、その中で、アーレントの重要な論点が「自ら考えないことの悪」にあると述べている。
アイヒマンは組織の歯車として何も考えないで命令通りに仕事をした為に巨悪の結果を招いたのであり、「組織が命じても「それは自分にはできない」と判断して去る道もある。行為しないという抵抗の形もある」と書いている。
そして最後に、この前のゴーストライター騒動を例に挙げて「はやりもの、もてはやされるものには、からくりがあります。背後には商業主義や権威主義がひそんでいます。人がどう騒ごうが、自分で受け止め、自分で考えて、つまらなければそこから立ち去ればいい。自分は加わらない、自分はそうしない、という身の処し方もあるのです」と結んでいる。
そこに書かれてある事は創価学会にも言える事で、創価学会には様々な矛盾点があるのだが、それに疑問も持たずに幹部から言われた通りに動く「自分の頭で考えない」信者が多い。たとえ矛盾を感じてもそれを封殺される雰囲気が創価学会にはある。その為、矛盾や疑問を抱きながらも幹部に言われるままに学会活動を続けている信者もいる。
しかし、そのような学会員の行動が人や社会に迷惑をかける結果になっているのだ。
それがハンナ・アーレントの言う「自ら考えないことの悪」なのである。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。