スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折伏をしない池田名誉会長

創価学会は会員に向かって「末法の仏道修行は唱題行と折伏行だ。そして末法の衆生を救えるのは折伏だけだ。間違った宗教や思想を破折しろ!」と号令をかけてきた。池田名誉会長も「創価学会は折伏の団体である」と常々公言してきた。
創価学会の会員(特に役職者)は営業成績のノルマを課せられる営業マンのように、折伏成果のノルマに追われる日々であるのは今でも同じだろう。
ところが、その創価学会の親分たる池田名誉会長は全く折伏をしていない。確かに「対話」と称して世界の著名人と対談はしているが、その内容は、相手をほめ上げて仲良くしているだけである。
創価学会によれば、相手の思想的間違いを厳しく責める事なく、相手の立場を認めて穏やかに対話をするのは摂受(しょうじゅ)であって折伏ではないそうである。
池田名誉会長の対談相手である世界の著名人は、その殆どが創価学会以外の他の宗教や思想の信奉者であるが、池田名誉会長はそれらの宗教・思想的間違いを破折する事もなく、ただ相手の機嫌をとっておだて上げて仲良くしているだけであるからそれは折伏ではなく摂受になるだろう。
もっと厳密に言えば、元来、仏教では、過度のお世辞は「正語(しょうご)」(正しい言葉、正しい話し方)ではないという教えがあるから、池田名誉会長の場合は摂受ですらなく、ただのおべんちゃらという事になるだろう。

また、池田名誉会長と対談した著名人の中で、その対談がきっかけで創価学会に入信したという話も聞かない。
つまり、折伏成果も上げていないという事だ。
これではいくら創価学会が「折伏しろ!」と学会員に号令を掛けても、親分が折伏をしないで摂受(厳密に言えばおべんちゃら)でお茶を濁しているようでは、よほどの盲信者や狂信者でない限り、多くの学会員はシラケるだけだろう。実際に、筆者が学会員だった頃、学会活動に出て来ない部員の家に家庭指導に行くと、「池田名誉会長や大幹部連中は号令を掛けるだけで、自分達は折伏していない」と言われた事がある。その部員曰く、だから馬鹿らしくて学会活動をしなくなったのだという。

確かに言われてみればその通りだ。会員に向かって「折伏しろ!」と号令を掛けるのなら、まずは親分が模範を示すべきだろう。そうしないとそのうち誰もついてこなくなるのではないか。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。