スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人格を磨けない学会活動

3月6日付聖教新聞第4面「世界広布新時代の旭日」という紙面座談会で、「信心で磨いた人格の輝き」という大見出しの記事が掲載してあった。この中で芸術部に属する芸能人の名を挙げて、「信心を根本に人格と技芸を磨き、仏法の偉大さを、芸術へと昇華させていく。その姿は、有名・無名を問わず、光り輝いています」という文章が書いてあったのだが、実際には学会活動の中で人格を磨いてる余裕はないだろう。学会活動家はいかに成果を上げるかという事を常に迫られていて、そこに人格を磨くという余裕はない。
もし、学会活動の中で人格を磨いているという者がいるとすれば、よほど活動にヒマがある者だと言える。
芸術部の芸能人が人格を磨いているのだとすれば、それはやはり学会の広告塔としての存在である為に、それだけの余裕が与えられているからだと言えよう。
広告塔でもない一般の活動家は常に成果主義の実績を求められており、成果を上げる為になりふり構わずあらゆる手段も辞さない構えで活動をしている訳で、そこに人格を磨いている余地はない。だからその結果として熱心な活動家ほど非常識になり、世間と軋轢を起こす事になるし世間から嫌われるのである。
そこで学会員に提言をしておくなら、人格を磨きたいなら学会活動から離れる事だ。学会活動に没頭している限り人格を磨く事は不可能だ。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。