スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御書にも書かれていない「師弟不二」

今や創価学会が信者に対してよく使う言葉と言えば「師弟不二」と「師への報恩」ではないだろうか。
先月の9日付聖教新聞にも「師弟不二の実践に成仏の血脈」という大見出しが掲載されていた。とにかく聖教新聞にはよく出てくる言葉である。
その創価学会は自分達こそ現代において宗祖・日蓮の教えを最も正しく実践している最も正しい仏教団体だと広言し、「御書根本」だと主張しているのだが、「師弟不二」という言葉は仏教思想にもないし、法華経にもないし、根本にしているはずの御書にも書かれていない。創価学会が勝手に言い出したものでしかないのだ。
そのような仏教思想にも御書にも書かれてないものをあたかも仏法の根幹・本質であるかのように信者に植え付け、それを疑う事なく盲信する信者を「信心強盛」と称賛し、異を唱える信者には「反逆者」「謗法者」あるいは「異端者」の烙印を押して封じ込めようとしているのが創価学会なのである。
今の創価学会では池田名誉会長の方が宗祖と仰いでいる日蓮よりも格上になっているようで、宗祖の教えや言葉よりも池田名誉会長の言葉の方が重要視されているようだ。それで「御書根本」だと言いながら、御書にも書いてない名誉会長の言葉を優先し、名誉会長の命令のままに学会活動に励む事が成仏する為の血脈なのだと主張しているのである。
師が命令するままに実践活動してゆく事によって師から弟子へと「信心の血脈」が受け継がれてゆくなどと神秘的な言い回しをしているが、何の事はない、盲信している信者は徹底的にこき使われ良いように利用されるだけの話でしかないのだ。
創価学会ははっきりとは言わないが、名誉会長が日蓮よりも格上か、あるいは日蓮の生まれ変わりで、末法の本仏であるかのように婉曲に匂わせているのだろう。そうしてその名誉会長から信心の血脈なるものが受け継がれてゆくのだから、どこまでも疑う事なく命令通りに働き愚直に付いて来いという事を言いたいのだろう。信者を騙す為の「創価マジック」といったところだろうか。
盲信者からすれば本仏のような師匠から信心の血脈を受け継ぐ事ができると思う事で感激するのかも知れないが、盲信者でもない覚めている側からすれば馬鹿馬鹿しいだけの話でしかない。所詮は「創価マジック」で騙されているだけでしかないのだ。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。