スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「心こそ大切なれ」の「心」が判らない学会員

創価系サイトを見て回っていると、御書の「四条金吾殿御返事」の中の「ただ心こそ大切なれ、いかに日蓮いのり申すとも不信ならばぬれたる・ほくちに・火をうちかくるが・ごとくなるべし」という箇所を引用しているブログがよく目に付く。
創価学会ではこの文にある「ただ心こそ大切なれ」の「心」とは、「勝利するという確信を込めた一念での祈り」という捉え方をしているようだが、問題なのは、その「心」がどういう状態であるべきなのかという事ではないだろうか。
創価系ブログの1つに、この文について「実際に大聖人の御書を学んでみると、神秘主義的な色彩は微塵も感じられず、最終的に「人としてのふるまい」を教えようとしていることに気づきます」と書いてあり、ここまでは「ただ心こそ大切なれ」とは「人としてのふるまい」として現われると、至極真っ当な事を書いていて、その後にも、「本当の意味で正しい宗教と言うのは、カリスマ性や神秘主義で人を従属させるものではなく、どのような「心の在り方」で生きたら本当の幸福に出会えるのか、を追求するものなのではないでしょうか」と続けているから、真っ当な事を書いてるなと思って読んでいったのだが、真っ当なのはそこまでで、その後は、池田名誉会長を礼賛する文章が綴られていた。
池田名誉会長こそそのブログに書いてある「カリスマ性や神秘主義で人を従属させるもの」ではないか。せっかく「心こそ大切なれ」の真意が判っていながら、名誉会長の「カリスマ性や神秘主義で人を従属させる」所に気が付かないとは呆れるばかりである。
「強い一念で祈る」という創価学会の「心こそ大切なれ」の解釈だが、その心がどういう状態であるかというのが重要ではないだろうか。
例えば、インターネット上ですっかり有名になった創価学会の「呪いの題目」だが、これなどはその「心こそ大切なれ」の「心の在り方」としての基準があいまいなままだから、敵対する相手に呪いの題目を祈るというような仏教者としてあるまじき行為へと歪曲されてしまっているのではないか。
日蓮が「敵対者を倒す為に祈れ、敵を撲滅する為の題目を唱えよ」と御書に書いているのか? 結局創価学会の勝手な解釈でしかない。しかも、創価学会は幹部にそれを指導させておいて、公式サイトや機関紙には一切書かない。あくまでも中間の幹部が勝手に指導してるだけと言って逃げる道を作っているのである。それにも気付かずに「敵対者撲滅祈念」の題目を一生懸命上げている学会員は何とも愚かしい限りである。
結局、創価学会の中にいては何が正しいのかが判らなくなるし、「仏法を実践している」と言いながら仏法とは似て非なるものを信じているに過ぎないのだ。
いつも「正義、正義」と叫ぶ創価学会に踊らされ操られているのは何も知らない末端の信者ばかりなりと言える。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。