スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会のうまい話には裏がある

創価学会の公式サイトや聖教新聞の「新会員のための仏法入門」の記事には、「法華経を学ぶ」とか「日蓮大聖人の教え」とか「生命尊厳」とか「人間尊敬」とか「反戦平和」とか、創価学会の表向きの建前しか書いてないから、それだけを見て、創価学会は素晴らしい団体だとかまともな宗教だと勘違いして入会してしまう人も中にはいるようだ。
言ってる事とやってる事が違う、本音と建前が違い過ぎるのが創価学会の特徴であるから、法華経を学ぶつもりが選挙活動に動員され、日蓮の教えを信仰するはずが池田名誉会長の個人崇拝をさせられ、信仰の功徳で幸福になるはずが学会活動と財務の為に生活も家庭も破綻崩壊し不幸へと堕ちてゆく事になる。また、麗しい人間主義の組織のはずが、数字の報告と成果を要求される心の休まらない組織である為ストレスに苛まれる事になるだろう。
しかも1度入会すると脱会するのにかなり苦労する事になる。
このような創価学会の実態を知らない人は、夢々宣伝文句だけで信じない方が良い。「うまい話には裏がある」とはよく聞く言葉であるが、創価学会のうま過ぎる話には裏がある事を知っておいた方が良いだろう。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。