スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の苦悩に同苦しない学会幹部

創価学会は「慈悲」を強調し、慈悲の心で人を救えと信者に指導している。そして創価学会では慈悲とは「人の苦悩に同苦する事」だと定義している。池田名誉会長の指導として、「“同苦”とは、単なる“同情”ではない」とあり、共に悩み、苦しみながら相手に真心の励ましを送り、共に立ち上がっていく事が慈悲であり抜苦与楽の実践なのだと指導している。
そのような慈悲の行を実践しろと信者に言っている創価学会なのだが、それを指導している学会幹部にその「同苦」の姿勢が見えない。活動家が学会活動の為に生活を犠牲にして困窮し苦悩して幹部に指導を求めても「信心が足りない」と言うだけである。信者が苦しんでいるのに「そんな事知った事か。自分で何とかしろ」とばかりに突き放しているだけである。
これが創価学会の実態なのである。いくら口先では「慈悲」とは「人の苦悩に同苦する事」だとか「苦しみを抜いて楽を与えるのが慈悲だ」などと言っていても、幹部がそれを実践していないのだ。
所詮は口先だけの「慈悲」なのである。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。