スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会が批判される理由

個人の創価系サイトを見て回っていると、アンチ創価について「アンチは重箱の隅をつつくような批判ばかりしている」とけなしているサイトをよく見かけるが、それは創価学会や盲信・狂信の学会員が「重箱の隅」をつつかれるような事をしているからである。批判をされたくないのなら、批判されるような事をしなければいいのだ。
このような盲信学会員の意見というのは、創価学会のやってる事にいちいち文句を言うなという事であり、創価学会がどんな迷惑行為をしようが、黙っていろという恫喝である。
勿論、アンチ創価の中には創価学会と関わりがないのに、面白半分に批判している者もいるのかも知れないが、多くは創価学会及び盲信狂信学会員から被害に遭ったという人々や、あるいは創価学会の反社会的行為に対して脅威を感じている人々からの批判なのである。そのような批判を真摯に受け止めようともせずに、「いちいち文句を言わずに黙ってろ」というような威圧的な恫喝をする創価学会というのは、言論の自由を封じ込めようとするファシズム的性格を帯びた傲慢な組織体であると言わざるを得ないし、何よりもそれが創価学会の正体なのであろう。
そのような創価学会と盲信学会員が批判されるのは当然である。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。