スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会は「蔵の財第一なり」

「蔵の財よりも身の財すぐれたり身の財より心の財第一なり」
創価学会では信者を指導する際にこの御書の一節をよく引用する事が多い。そして蔵の財としての物質的な財産・資産よりも身の財としての健康・能力・社会的地位よりも心の財としての心の豊かさや福徳が最も優れているのだと強調しているのだが、創価学会がそんな事を指導しても全く説得力がない。何しろ創価学会こそが「心の財」をないがしろにして「蔵の財」に執着しているからだ。
創価学会の金集め体質はつとに有名であり、宗教の名を騙った悪質企業である事も世間に知れ渡っている。
今年も今の時期、学会員の家には財務の申込用紙が届けられていると思うが、末端の平会員ならまだ良いのだが、役職者となるとそれが義務であるかのように、あるいは高額な寄付をするのが当たり前のように暗に強要される。そして財務の振込期間になると幹部がしつこく振り込みの確認をしてくる。
それほどに創価学会は金に執着しているのであり、まさに創価学会は「蔵の財第一なり」なのである。
いくら口先ではきれい事を言っていても、その実態は「金の亡者」だと言ってよい。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。