スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真価が問われる「世界平和の指導者」

10月23日付けの聖教新聞の記事には大いに笑えた。第1面に「南米ボリビアの首都スクレ市 池田SGI会長夫妻に最高栄誉賞」「平和行動は世界の模範」という見出しが出ている記事だが、日本企業の社員が中国当局に拘束された時も、ノーベル平和賞を受賞した人権活動家・劉暁波氏を釈放しない中国政府に、世界中から非難が巻き起こっている時も、「我関せず」とばかりに何ら仲介の働きかけをする事もなく、何ら和平へのメッセージを出す事もなく、ただ傍観しているだけだった池田名誉会長が「平和行動は世界の模範」とは、なかなか笑わせてくれるものだ。まさに「お笑い創価学会」である。
そして、よくもぬけぬけとこんな記事が書けるものだと感心してしまうほどである。その面の皮の厚さはさすがトップクラスだ。
「世界の模範」となる平和行動を自認するのなら、「国家への反逆者」として服役させられている劉暁波氏を釈放するよう中国政府に働きかけてはどうか。そうすれば、欲しくてたまらないノーベル平和賞の候補にもなれるだろう。
いずれにしても、普段「平和、人権」を口にし、世界平和と人権擁護に貢献している姿勢を誇示していても、こういう時に真価が問われる事になる。








関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。