スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆者の現在の立ち位置(思想的立場)について

現在、筆者は特定の宗教団体には属していないが、無神論者という訳ではないし、唯物論者という訳でもない。個人的には、人生を支える精神的支柱として信仰は必要な場合もあると思っている。

例えば、最近の新聞記事によると、唯物主義の中国では、キリスト教に入信する女性が増えているのだという。主に農村部で、夫や子供の出稼ぎで家に残され、畑仕事や老人介護など過重な負担に苦しむ女性が、精神的な拠り所を求めてキリスト教に入信しているのだという。

マルクス主義唯物論の国家で、信仰に心の救いを求める人々が急増しているというのはいささか皮肉な現象ではあるが、唯物主義の国でも、人生には精神的な支えとなるものが必要だという事なのだろう。そして、それは、人生には心の救いとしての信仰も必要な場合もあるということになるだろう。

しかし、だからと言って、信仰は強制されてするものではない。

また、創価学会は、特定の宗教に入信していない人々を「無信仰者」と断じているが、それは形式主義者の戯言でしかない。信仰というものは心の問題であり、決して、外面的に特定の宗教に入っているか否かで「信仰心がある」とか「信仰心がない」などと決めつけられるものではないからだ。
美輪明宏氏も著書の中で「信仰と宗教は違う。宗教は企業と同じ」と述べているように、信仰=宗教ではないのだ。
それ故に、信仰というものは個々人がそれぞれに心の中に抱いているべきものだと思う。創価学会のような1宗教団体に個人の信仰をとやかく言われる筋合いはない。

そういう訳で、筆者は特定の教団には属していないが、思想的立場としては、原始仏教に説く釈尊の思想を基盤にしている。そういう点で、思想的には宮崎哲弥氏の立場に近いとは言える。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。