スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会首脳部人事への提言

少し前から週刊誌には池田名誉会長重病説が度々掲載されている。確かにもう高齢ではあるし、このところ聖教新聞にも古い写真ばかりで、新しい写真は掲載されていないようだ。
また、同じく週刊誌には、名誉会長の長男後継路線が進行中という記事もよく掲載されているようだ。時同じく北朝鮮でも世襲制の後継路線が進行中であるし、似たような組織は同じ頃に似たような事が重なるものだと思ってしまう。
ただ、創価学会の場合、これまでの戸田会長時代と池田会長・名誉会長時代は良くも悪くもそのカリスマ性によって信者を引きつけてきたのだが、名誉会長の長男にはカリスマ性が感じられず、存在感も薄いという印象の方が強い。この世襲後継路線では、名誉会長亡き後、これまでのような求心力を維持するのは難しいのではないかと思う。
そこで少し気が早いとは思うが、創価学会の求心力を強め、更に続々と新会員を獲得できる妙案を提言しておこう。
創価学会には有名な人気芸能人の会員も多い。そこで学会首脳人事に人気芸能人を登用するのだ。
新人事は次の通りだ。
(なお、以下に記す芸能人名は信憑性が高いと思われる情報に基づいているが、万一学会員でない場合はご容赦願いたい)

会長⇒ 氷川き○し

理事長⇒ 滝沢○明

副会長⇒ 上○彩、石原さ○み 

氷川き○しは若手ながら、今や老若男女に亘って人気のある国民的演歌歌手となっている。殊に中年婦人からの支持は絶大であり、名誉会長の長男よりも人気があるのは確実だから会長に据えるのに相応しいと言えるだろう。
滝沢○明は以前ほどの人気はなくなってきているとは言え、まだまだ若い世代から支持されており、理事長として相応しいと言える。
上○彩と石原さ○みは共に特に男性若年層からの人気が絶大であるから、副会長の職が相応しいだろう。現在、副会長は200人前後もいるようだが、この2人なら、現在の副会長200人分以上の人気があるから、副会長はこの2人だけで充分だろう。
のみならず、上記芸能人は学会部外者にもファンは多いから、学会首脳となり、創価学会の顔となる事で、部外者のファンをも新入学会員として取り込めるメリットもある(尤も、好きな芸能人が学会首脳になったからといって、簡単に創価学会に入信するほど頭の軽いファンばかりではないと思うが)。
池田名誉会長亡き後の創価学会の組織力を今までのように維持して行こうと思うなら、これくらいの人事が必要だろう。

なお、これは余談になるが、北朝鮮では金日成国家主席の葬儀の際に、多くの人民の芝居がかった大げさな号泣場面が報道されていたが、池田名誉会長の葬儀の際にも、熱心な学会員なら北朝鮮人民のように大げさに号泣して嘆き悲しむ者がいるのかどうか興味深いところだ。ちなみに、筆者の親は学会員だが、名誉会長の訃報を知っても、別に泣きもしないし悲しみもしないだろうと思う。母は名誉会長を嫌っているし、父はマイペースながら学会活動をしているとは言え、付合いで付いて行ってるだけで、名誉会長を尊敬している訳ではないから、悲しむ事もないだろうと思う。
ただ、理屈抜きに創価学会を好きで学会と名誉会長に心酔している3割程度の熱烈な学会員なら、葬儀の際には芝居がかった大げさな号泣場面を披露するのかも知れない。その時が見ものではある。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。