スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会と親しい著名人 [1]

創価学会部外者の著名人の中には、創価学会を賛美・擁護している人物や支持している人物、あるいは親しくしている人物も存在している。創価学会はそのような著名人を繰り返し聖教新聞等の機関紙・誌に掲載してはいかにも創価学会が著名人から正しい宗教として認められているかのように宣伝しているのだが、注意しなければならないのは、それら著名人達はただ親しくしているだけで、創価学会には入信していないという事だ。
例えばパナソニック創業者の松下幸之助氏。今でも時々聖教新聞に池田名誉会長と対談している写真を掲載して、創価学会だけと深い付き合いがあったかのように印象づけをしているのだが、松下幸之助氏自身は龍神信仰で知られており、付き合いについても創価学会だけと親交があった訳ではなく、実家の浄土真宗を始め、真言宗・禅宗・神道・天理教・大本教・金光教・弁天宗・キリスト教・立正佼成会等々とも幅広く付き合いがあったという。しかも、どの宗教の信者にもなっていない。 
創価学会は今でも鬼の首でも取ったかのように松下幸之助氏と池田名誉会長の親交を記事で取り上げているが、創価学会に対してはあくまでも企業の経営者の立場から、人材育成の面で名誉会長と気が合う部分があったから親しくしていたという事なのであって、創価学会を末法の正法教団だなどと思っていた訳ではない。本当に正しい宗教だと思っていたのなら創価学会に入信していた事だろう。

筆者が学会員だった頃、ある地区部長が「松下幸之助は創価学会に入信していないが、広宣流布を戦略的に考えるなら、松下幸之助のような社会に影響を与える著名人は学会員になるよりも、学会部外者として創価学会を外側から賛美したり擁護してくれる方が創価学会にとっては有利になる」などとしたり顔で喋っていたものである。
創価学会にとって有利になるかどうか知らないが、いずれにしても、松下幸之助氏は創価学会と親しくしてはいても、自分が創価学会で信心したいとは思わなかったのは確かだ。






関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。