スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学会員は最高に幸福か

先頃、ブータン国王夫妻が来日し話題になっていたが、その際、ブータンが人の幸福度を客観的に指数化する「GNH(国民総幸福度)」を提唱している国であり、ブータンではGNHが97%に上り、殆どのブータン国民が幸福だと思っている「世界一幸福な国」という事についても話題になっていたものだ。
ブータンは経済的には貧しい国であるが、経済的豊かさに拠らない精神的幸福感の高さが、経済的豊かさを享受していても心が満たされていない日本人にとって、憧れの国である事が今回のブータン国王夫妻へのフィーバーぶりとなって表われたのだろうと思う。それはそれで日本人の現在の生き方を顧みるという意義においては良い事ではあるのだろう。確かに、国民総生産(GNP)で示されるような、金銭的・物質的豊かさを目指すのではなく、精神的な豊かさ、つまり心の幸福を目指すべきだとするブータンの考え方は理想社会の一つのモデルとはなり得るだろう。
そのように幸福度を客観的な尺度で表わすというのは画期的とは言えるのだが、ただ、客観的に指数化する事ができる経済指数(GNP)と違って、幸福感というのは各個人の主観的なものであるだけに、「幸福だ」と答えているブータン国民が全て本心からそう言っているのか疑問でもあるし、客観的に指数化できるのか疑問が残ると思う。
とは言え、ブータン人の生活ぶりを紹介していたテレビ番組を見る限りにおいては、あくせくしないスローライフとも言えるのどかな生き方は、時間に追われてあくせく生きている日本人よりも幸福なのかも知れない。
それに対して「この妙法こそ最高の功徳があり、最高の幸福境涯になれる」と豪語している創価学会ではどれほどの会員が「創価学会で信心できて最高に幸福だ」と思っているだろうか。3割程度の熱心な学会員はそう思っているのかも知れないが、「学会に在籍している事が不幸だ」と思っている学会員も多い事だろう。
ちなみに、「世界一幸福な国」の国民であるブータン国民が学会員の生活ぶりを見たらどう思うだろうか。創価学会は勝ち負けにこだわり、「闘争こそ幸福の境涯」だなどと言っているが、学会員が学会活動での成果獲得に追われてこせこせ生きている姿を見たら「まるで地獄のような生活だな」とか「あんな生き方は不幸だな」としか思わないだろう。こせこせ生きている日本人の中でも学会員は特にこせこせ生きている部類になるからだ。
ブータン国民と学会員とどちらが幸福か比較したら、答は明らかだ。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。