スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間的な、あまりに人間的な創価学会 [2]

「人間主義」を標榜している創価学会だから学会員には人間臭さが溢れているのかも知れないが、同様に欲望や煩悩も強力なのかも知れない。
これも実家の母から聞いた話であるが、実家の地元に0婦人部長という圏幹部が住んでいるのだそうだが、このO婦人部長、勤めていた飲食店に客として来店した妻子持ちの会社社長と仲良くなり、そのまま略奪婚したのだという。
倫理観が欠如している創価学会だから、とにかく勝てば良い訳だから、略奪婚でも「大勝利」なのだろうし、「大功徳」なのだろう。社長の元夫人はそれから間もなくして病死。しかし天罰か、それとも元夫人の怨念か、その社長はその後糖尿病が原因で両足を切断し、以後寝たきりの生活となり、O婦人部長がずっと看病してきたのだが、数年前に死亡してしまったのだという。
この話は地元の学会員の間では有名な話だそうで、婦人部のおばさん達は顔を合わせるとこの話題を持ち出すのだそうだ。勿論、大っぴらには話せないので、皆ひそひそと話すのだそうだ。
このO婦人部長にしても、その他、学会内で金銭トラブルなど起こしている学会員にしても、実に人間臭さを体現している好例だと言える。それも、人間の持つ煩悩のありさまをまざまざと見せつけており、まさに人間的な、あまりに人間的な学会員の姿を示していると言えよう。欲望を全面肯定する創価学会だからそれも当然なのだろう。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。