スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学会家族の実態

聖教新聞など創価学会の機関紙・誌には、家族全員が創価学会の信心に励み功徳を受けているという体験談が多いのだが、実際には、家族全員が熱心な学会員という家庭はめったにない。
熱心な学会員であってもその家庭を見てみると、夫が未入信で創価学会に反対しているとか、学会員ではあっても、息子が創価学会を嫌っていて、会合にも出てこない、題目三唱すらしていないといった具合に、必ずと言って良いほど、入信・未入信に関わらず、創価学会を嫌っている家族がいるものである。
それは末端の会員に限らず地区幹部や支部幹部などの家庭も同じで、日頃「折伏の成果を上げろ!」とか「自分の身内も折伏できなくてどうするんだ!」と活動家を指導している幹部の家庭でさえ、創価学会の組織から離れている家族がいるものである。
筆者が学会員だった時、担当している男子部員の中には親が幹部をしている家庭もあったが、息子の方は学会活動には全く顔を見せない者が多く、家庭訪問した際も、「学会の信心は親が勝手にやってるだけ。自分には関係ない」と反発していたものである。
会員に信心指導している学会幹部も、他人を指導する前に、まず自分の家族を指導しておいた方がいいだろう。自分の息子も指導できないのに他人を指導している場合じゃないだろう。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。