スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教経典はいつできたのか

一般に、仏教経典は釈尊在世の時代に書かれたものと思っている人も多いかと思うが、仏教経典が文字として成立したのは、釈尊滅後数百年も経ってからである。釈尊が生きている時代には、その教えはまだ文字として残されなかったのである。

当時のインドではすでに文字は使われていたが、宗教家や聖者の教えを世俗の文字で書き残すのは畏れ多いという考え方があり、当時のバラモン教など他の宗教でも、その教えは文字化されずに、口伝で後世に伝えられていたのである。
仏教でもその慣習に従って、釈尊の説法は全て、その教えを聞いた人が暗記して覚えていたようだ。

では、どのような経緯で仏教経典が文字化されたのか。釈尊が亡くなった時、弟子達が結集してその教えを公式に確認確定する作業を行なった。これを第1次経典結集という。
しかしこの時はまだ釈尊の教えは文字化されず、口伝で後世へと伝えられていったのである。この時結集された教えが後の阿含経の原型になったものとみられている。

文字化された経典が成立したのは釈尊滅後300年から400年頃とみられている。この時できた経典が阿含経なのである。
法華経を含む諸大乗経典が成立したのは釈尊滅後500年以後とみられている。

内容的にも、最も早く文字化された阿含経には釈尊在世当時の生活がうかがえる具体的で身近な事に関する説法が多く納めれているが、実際に釈尊から聞いた説法だからこそ、阿含経には具体的で身近な事柄が多いのは当然の事だろう。

後代の大乗仏典には、抽象的で空想的・形而上学的な内容が多くなっている。釈尊の実際の説法ではないのだから、その内容も抽象的で思弁的な傾向を帯びてくるのもこれまた当然だと思う。

このように、近代仏教学による研究によって、釈尊の実際の教えに最も近い内容の経典は阿含経であるというのが、現在での常識となっている。

なお、阿含経という1つの経典があるのではなく、ダンマパダ(法句経)、スッタニパータ(経集)、テーラガーター(長老偈)、テーリーガーター(長老尼偈)など、最初期に成立した経典群を総称して阿含経と呼ぶ。阿含とはインドの言葉アーガマ(「伝承」「伝える」という意味)の音訳である。

ところで、創価学会は近代仏教学の研究結果について、「阿含経が最も早く成立した経典とはいっても、それでも釈尊滅後数百年も経っている。それではとても釈尊直説の教えとは言えない」とか「釈尊からは出家の弟子だけでなく、在家信者もその教えを受けている。しかし第1次経典結集には出家の弟子だけが集まっていて、在家信者は参加していない。という事は、在家信者が聞いた釈尊の教えが漏れていると考えられる。そして、在家信者達が釈尊の教えを口伝で後世に伝え、後代の法華経成立につながったと考えられる。つまり法華経にも釈尊の実際の教えが含まれていると言えるはずだ」などと反論しているが、

確かに、阿含経が文字によって経典が成立するまでの長い期間には、内容が変化したり、付け加えられたりする事もあるだろう。だから阿含経の全てが釈尊の直説だとは言えないだろう。釈尊の直説ではないものも混じっていると考えられる。
だが、それは、法華経こそが釈尊の実際の教説だという論拠にならないのは言うまでもない。それを言うなら、他の諸大乗経典にも釈尊の実際の教えが含まれている可能性があり、尚更法華経だけが優れた経典だとは言えなくなるだろう。
法華経に釈尊在世時代の在家信者が聞いた教えが入っているという点についても、そのような客観的な証拠はなく、あくまでも創価学会の想像に過ぎない。

いずれにしても、法華経こそ釈尊の真実最高の法だという創価学会の主張は崩れ去っているのである。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。