スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学会員のタイプ別分類 [6] 完全無視タイプ

創価学会を嫌っている学会員は少なからずいるが、その中でも特に学会を嫌っている会員がこのタイプだ。一応学会員ではあるのだが、自分は学会員ではない、という意識があり、学会員とは一線を画し口も利かないし関わらないというポリシーを貫いているのがこのタイプの特徴だ。
このようなタイプの学会員で今でも印象に残っているのが、M家の長男である。M一家は父親が壮年部のブロック長、母親が婦人部のブロック担当員、妹が女子部の部長というバリバリの活動家がそろった学会家族だが、この長男だけが創価学会を嫌っていた。筆者と同じく学会2世だが、それだけに、親に勝手に入信させられたという思いがあり、嫌っていたのだろう。
この長男の創価学会嫌いがどれほどのものだったかというと、M家で時々ブロック座談会があったのだが、会が始まる前にちょろっと顔を見せたかと思ったら、すぐ自分の部屋に閉じ籠もってしまい、その後は全く顔を見せなかったものである。 
また、筆者が担当している男子部員の名簿にこのM家の長男の名前が載っていたので、1度家庭訪問をした事があったのだが(その頃は、男子部員の家を律儀に家庭訪問していたものである)、玄関で呼び鈴を押すと、他の家族は外出していたようで、この長男が顔を見せたのだが、筆者の顔を見ると何も言わずにそのまま奥の部屋に引っ込んでしまい、その後は名前を呼んでも2度と出てこなかったものである。その徹底ぶりは実に素晴らしいほどであった。その当時は「学会家族にもあんなのがいるんだなあ」と思ったものだが、今思えば「創価学会だから当然だろうな」と思うし、学会員への対応としては手本にするべき人物だと思っている。
このような学会2世や3世がいる学会家族は、将来、必ず創価学会から離脱してゆくだろう。今いくら隆盛を誇っているように見えても、このような学会員が増える事によって創価学会は必ず衰退してゆくのは間違いない。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

時空無限

Author:時空無限
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングに参加中
ご協力をお願いします


人気ブログランキングへ



こちらにもご協力をお願いします



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。